グーグルニュースを読むためのアプリ、Google News Reader JP

 もうこれはその名の通り、グーグルニュースを読むためのiphoneアプリです。iphoneでニュースをチェックするときは、googleやyahooのようにニュースがジャンル別にまとまっているサイトで確認するのが便利ですよね。このアプリはグーグルニュースを読むためのものですが、兄弟分となるYahoo News Readerというものもあります。私の場合はグーグルニュース派なのでこちらのアプリですが、どちらを使うかは好みで分かれるかと思います。

 このgoogle news readerもyahoo版も、使い勝手は一緒です。アプリ起動時に自動ダウンロードという機能があるのですが、私はこれをオフにしてあります。wifiを使えないところで全記事の読み込みを行ってもさほど遅くはないのですが、不必要にダウンロードされるとイライラしてしまうので。wifiのある環境でニュースを読み込んでおいて、そのまま読んだり、あとで読んだりという使い方をしています。もちろん、wifiがないところで時間をかけて読み込ませるときもあります。そんなに遅くはありません。我慢できる範囲内です。

 このiphoneアプリはニュースの中身もダウンロードします。だから、完全に通信のできない圏外&wifiなしの場所でもニュースが読めるのがポイント高いです。ただ、ニュースの中身のダウンロードは発信元の会社(新聞社、テレビ局など)によって対応が違っていて、全文読めるもの、ヘッドラインのみ読めるもの、その会社のウェブサイトを開かないと読めないものの3種類があります。ほとんど記事は全文もしくはヘッドラインがダウンロードできて、オフラインでも読めるようになっています。

 オフラインで読めない記事が厄介なのですが、このアプリ、記事を表示させたときの未読表示でそれがわかるようになっています。未読の記事には右側に色付きの丸いアイコンがついているのですが、このアイコンが緑だったり青だったりします。で、緑はそのまま通信せずに読める記事(全文orヘッドライン)、青は通信してウェブページに飛ぶ記事です。つまり、緑表示の記事は通信しないので、圏外でも読める訳ですね。この表示がいいです。地下鉄に乗っているときなど、通信できない場合でも読める記事と読めない記事が判別できるので、イライラせずにすみます。

 ニュース系のiphoneアプリはいろいろ試してみたのですが、これが一番良いかな、と思っています。googleニュースなので、広いジャンルをカバーしています。このアプリは無料版もあるので、とりあえず試してみることもできますよ。

おすすめポイント

1.圏外でもニュースが読める
一度ニュースを読み込んでおけば、通信できない場所でもニュースが読めます。新聞社によっては新聞社のウェブサイトにいかないと読めないようにしている会社もあるのですが、そんな記事は未読表示のアイコンの色でわかりますので、後で読むことができます。

GNewsReader - LeadingWin Co.Ltd